So-net無料ブログ作成
検索選択
ご訪問をありがとうございます。

『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』 (2009) [映画 (2009 鑑賞作品)]

ヴィヨン.jpg

 根岸監督の作品はどれも、映画らしい映画として、私には特別な存在になっている。題材や内容ではなくて、映画としての佇まい、映画としての息遣い、映画としての存在感。

 とても漠然とした表現だけれど、私が今まで観てきた過去の日本映画の「間」みたいなものが、根岸作品の根っこの部分には息づいていて、それを感じたとき、何故かとても嬉しくなってしまう。いままで、そんな経験を何度もしている。それは映画館で観ても、ビデオで見ても感じることの出来る、もしかしたら、とても個人的な既視感なのかもしれないけれど・・・。

 この作品も、余りに当たり前に、映画なんだと感じる。でも、もう古いタイプの映画って言われても反論できないぐらい、時間だけは流れてしまっているんだよね。私は当然好きですが・・・。

 何か特別なものを表現しているわけではないけれど、登場人物たちの有りようを素直に受け止めてしまう自分がいて、「それもありなんだよな」と頷いてしまう。もう既に、私は罠にかかった状態になってしまっている。

 このドロドロした心地よさは、監督の必殺技かもしれない。

899140b8.jpg

 かなり身勝手でいい加減で、責任感があるのかないのか、つかみ所がない主人公と、運命のように振り回されても寄り添う妻。

 妻は、自分の意思でそこにいるのだから、始末に悪いって、思っちゃダメなんだよなあ。

 存在自体が異性を惹きつけてやまないゆえに、流されていく男と女。世間知らずではすまない行動も、すべては元の鞘に納まる、のかな。

 この夫あってこそ、次第に輝き、凛として存在する妻。男は作家だけれど、才能って自分の意志とは別に、背負わされるものだから始末に悪いんだよね。

 「タンポポ一輪の誠実」を出任せと答える作家に、あながち嘘でもないように感じた。出来るなら、出任せにしたい現実。

 しかし彼の出任せが、彼をあらしめ、彼を追い詰めて、今があるのも事実。

 作品には、共感しないけれど、認めざるを得ないものが、ずっしり詰め込まれていて、否定できない怖さが渦巻いている。人間の業と言ってしまったら、実も蓋もないけれど・・・。

 罠を仕込んだのは、脚本であり、役者であり、そして監督。

 褒めちぎる気にはなれないけれど、かなり行き着いたところに、あっさりと到達している「作品」のような気がする。




映画「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ 」予告



nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 8

SOSEGON

松たか子という女優は、
実際はいいとこのお嬢さんなのに、
貧しい女中や、薄幸な妻が似合うのはなぜでしょう?!

今ではとっくにいなくなった、
日本女性の控えめな素晴らしさを持っているような気がします。

僕はいつも、
あの着物姿にすがって甘えてみたくたくなります。
子供の頃、母にそうしたように・・・・。

なんだか母親のような優しさを醸し出していて、
いつも胸が締め付けられます。

ほんと、いい女優さんだと思います!
by SOSEGON (2009-11-17 05:40) 

よーじっく

Labyrinth さん、こんばんはぁ(^^)/

ご訪問とnice!、嬉しいです。
ありがとうございます。m(__)m

by よーじっく (2009-11-17 18:39) 

よーじっく

@ミック さん、こんばんはぁ(^^)/

ご訪問とnice!、いつも感謝です。
ありがとうございます。m(__)m

by よーじっく (2009-11-17 18:39) 

よーじっく

久遠 さん、こんばんはぁ(^^)/

ご訪問とnice!、嬉しいです。
ありがとうございます。
m(__)m

by よーじっく (2009-11-17 18:40) 

よーじっく

釣られクマさん、こんばんはぁ(^^)/

ご訪問とnice!、感謝です。
ありがとうございます。m(__)m
by よーじっく (2009-11-17 18:41) 

よーじっく

そうですね、庶民的な親しみやすさと
芯の強さと品が漂う、特別な女優さんですね。

SOSEGON さん、こんばんはぁ(^^)/
いつも、ご訪問とコメント、感謝です。

ただこの作品の場合、どうしても
貧しい育ちとは思えない、凛とした強さが
出ていました。

っていうか、私はそんなところが大好きなんで
別に気にはならないんですが。(*^^)v
by よーじっく (2009-11-17 18:47) 

よーじっく

ぴよぴよ ベクトルさん、こんぱんはぁ(^^)/

ご訪問とnice!、こちらにもありがとうございます。
感謝です。!!!
by よーじっく (2009-12-17 23:16) 

よーじっく

薔薇少女さん、こんばんはぁ(^_^)/
こちらにもご訪問とnice!を感謝です。
本当に、ありがとうございます。
m(__)m
by よーじっく (2010-02-28 19:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
※ 130万アクセスにとどきました。(7/8 頃)
  ご訪問くださる皆様に、こころから感謝いたします。
  皆様に幸あれ!!! です。 ヽ(^o^)丿

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。