So-net無料ブログ作成
ご訪問をありがとうございます。

『インセプション』 (2010) [映画 (2010 鑑賞作品)]

インセプション.jpg



 予告編を観た段階で、かなり期待していました。というか、きっと好きなタイプの作品だと確信していました。

 何故、鑑賞が遅くなってしまったかというと、単にご馳走は残しておく性格だからです。遅れて観ても、いい映画は絶対いいはず! なんて勝手に決め付けていました。体調がいいときに、たっぷり楽しみたい映画なんです。(^^ゞ


 しか~し! あぁ、爽快感がないぞ~! 観ていてニヤニヤ出来ないぞ~! 全く「遊び」がないぞ~! 独りよがりのこだわりがないぞ~!

 私が何を、求めていたかって、そういうことです。「プリズナーNo.6」を思い出しました。なんか、どっかで通じている気がする。気持ちは・・・褒めているつもりです。(^_^)


160_curlingCity.jpg 夢の中の出来事を描いた作品です。相手の夢の中に入り込んで、画策してスパイする、意識を植え付ける・・・。なんて、ステキな発想なんでしょう。

 だから、最初から決めてました。なるべく深くは詮索しないで、提供される映像を素直に享受して、展開されるお話に、まんまと騙されてやろうと・・・。

 しかし、お話は、どんどん暗くなっていきます。何層にも設定された、夢の中の夢・・・、のなかの夢なんで、とりあえずは、一見深~い場所(?)で、物語は繰り広げられます。

 で、「どこでもドア」みたいに、夢の夢から、夢の夢の夢へと行ったり来たり、なんてのをかなり軽々と登場人物たちは実践します。

 トラウマがあるらしい主人公の、ディカプリオも苦悩しながら、夢の空間で、追い詰めたり、危機に陥ったり、仲間を助けたり、画策を弄びながら、なおかつ幻想を見たり(誰の夢?)するんです。

 最初から、「夢」が主題の作品だとわかっているんで、「何でもあり」だと納得していたんですが、な~んか、「何にも無い」んだよねえ。

 とりあえず、事件は起こっているらしいんだけど、所詮、人様の夢の中の出来事。

160_curlingCity.jpg  冷静に見ればかなり危険な行為を職業としているはずなのに、余りにいい加減なディカプリオの職業に対する姿勢。現実の諸々を引きずって、仲間まで危険な目に会わせちゃってるディカプリオ。

 確かに、作品を面白く展開させているのはディカプリオの苦悩なんだけどねえ。

 『シャッター・アイランド』のほうが、狙いがハッキリしている分、可愛げがあったよなあ。この作品は、なんか適当にお茶を濁されて、あっけらかんと「やり逃げ」されちゃった感じ(そこが却って、私は好きなんだけれど)。

 映画的な迫力とかを維持するために、常にホラー映画の「脅し」みたいな音楽が、ハイテンションで流れています。そう、常時流れているんで、メリハリもあったもんじゃない。いつの間にか慣れちゃって、だらだらと感じてしまうようになる。

 ラストに何を持ってこようとも、ディカプリオ様の夢について、余計な解釈はしたくないと思ってしまった。

 望んでいるものが夢で見られるんなら、夢の世界で生きていくのも、これまたステキなことなんだろう。なんて思ったら、この映画の場合はマズいんだろう。一応、常識の範囲で鑑賞してこそ、この作品の意味はあるんだろうから・・・。

 私が求めていた作品とは、正反対の位置にある作品でした。外見は限りなく、好みなんだけれどねえ。これでも褒めているつもりです。画期的な作品だとは思うけれど、そんなことよりも、結局全部「夢」でしたで、逃げないところが、とっても「素敵!」な映画です。

 本当はアクションシーンだって、CGだって本格っぽいくせに、何故か中途半端にしか感じられない、その監督の(意識的な)スタンスのブレが、映画全体を娯楽超大作ではなく、とっても個人的な作品に見せてしまうところなんか、なんとも魅力的な映画だと私は思います。


追記:

 ディカブリオは、最初から「あっちの人」なんだと思います。「コマ」そのものがディカプリオなんだと思います。そして、「コマ」を回し続けたいのは、私であって、監督であって、この映画そのものが「コマ」なんだと思います。
 


チェック: 『ダークナイト』の気鋭の映像作家、クリストファー・ノーラン監督がオリジナル脚本で挑む、想像を超えた次世代アクション・エンターテインメント大作。人の夢の世界にまで入り込み、他人のアイデアを盗むという高度な技術を持つ企業スパイが、最後の危険なミッションに臨む姿を描く。主役を務めるのは『シャッター アイランド』のレオナルド・ディカプリオ。物語のキーマンとなる重要な役どころを『ラスト サムライ』の渡辺謙が好演する。斬新なストーリー展開と、ノーラン監督特有のスタイリッシュな映像世界に引き込まれる。
ストーリーコブ(レオナルド・ディカプリオ)は人が夢を見ている最中に、その潜在意識の奥深くにもぐり込んで相手のアイデアを盗むことのできる優秀な人材だった。彼は、企業スパイの世界でトップの腕前を誇っていたが、やがて国際指名手配犯となってしまう。そんなある日、コブの元に“インセプション”と呼ばれるほぼ不可能に近い仕事が舞い込む。  【シネマトゥデイ】 より

 
nice!(41)  コメント(48)  トラックバック(19) 
共通テーマ:映画

nice! 41

コメント 48

よーじっく

oira さん、こんぱんはぁ(^^)/
いつもご訪問とnice!、ありがとうございます。嬉しいです。(^_^)
by よーじっく (2010-09-03 21:56) 

よーじっく

kantoku さん、こんぱんはぁ(^^)/
ご訪問とnice!、嬉しいです。ありがとうございます。!!!
by よーじっく (2010-09-03 22:16) 

Labyrinth

(^_^)ノ こんばんは。
私は2度観ちゃいましたわ (´m`)
やっぱりコマは回り続けていたのかな?
どうでしたか? (^m^)

by Labyrinth (2010-09-04 00:45) 

SOSEGON

コマは回り続けていると思います。
結局彼は、夢の中に逃げ込んでしまったと。
おもしろかったのか、そうでなかったのかも夢の中・・・・・?!。
by SOSEGON (2010-09-04 02:34) 

よーじっく

Labyrinth さん、こんぱんはぁ(^^)/
コメントとnice!をありがとうございます。

「回り続けるコマ」を回しているのは
ディカプリオじゃなくて、監督であり観客なんだと思います。
「コマを回す」ために映画館へ行く、私もその一人です。(^_^)
by よーじっく (2010-09-04 03:55) 

よーじっく

SOSEGON さん、こんぱんはぁ(^^)/
ご訪問とコメントをありがとうございます。

何も痛くない、派手なのにハラハラしないアクションシーンを観ていて
映画の中の「現実と妄想」の境目を決めているのは
私なんだと気付きました。

でも、永遠にコマを回したいんですよね、私は。
ディカブリオがコマなんですから。(^_^;)
by よーじっく (2010-09-04 04:05) 

よーじっく

xml_xsl さん、おはようございます(^^)/
ご訪問とnice!を、いつも感謝です。ありがとうございます。m(__)m
by よーじっく (2010-09-04 04:19) 

よーじっく

Maboさん、おはようございます(^o^)丿
ご訪問とnice!、嬉しいです。ありがとうございます。!!!
by よーじっく (2010-09-04 04:20) 

よーじっく

スー さん、おはようございます(^^)/
ご訪問とnice!をありがとうございます。感謝です。(^'^)
by よーじっく (2010-09-04 04:21) 

よーじっく

@ミック さん、おはようございますヽ(^。^)ノ
ご訪問とnice!を、感謝です。いつもありがとうございます。m(__)m
by よーじっく (2010-09-04 04:21) 

きさ

私はとても面白かったです。
今の所、今年後半の洋画ベストワンかも。
>「プリズナーNo.6」
なろほど!

主人公らが夢の世界に入るのですが、夢の中でさらに夢を見るとか、夢の中の夢は時間の進み方がさらに遅くなるとか、そういう設定が凝ってますね。
なんか、押井守っぽいかな、と思っていましたが、ノーラン監督は
「インセプション」がボンド映画の影響を受けていることを明かしたそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100712-00000004-eiga-movi

ある評論家曰く「インセプション」は『ジェームズ・ボンド』ミーツ『マトリックス』」

なんだそうですね。なるほど。

「マトリックス」はほとんど実写版「攻殻機動隊」でしたから、やはり押井守の影響もあるのかも。
夢ネタをこれだけお金かけて見せるのはさすがです。

三層目の雪の戦いがちょっと007映画みたいでした。
個人的には二層目の無重力の映像が良かったです。
このためにセットを作ったそうなので、たぶん無重力を表現するためにセット
が回転する様になっていたのかな。
まあ、色々な要素が入っているのでしょうが、筒井康隆原作のアニメーション映画「パプリカ」は監督は意識しているでしょうね。

渡辺謙が重要な役で出演するのは嬉しかったです。
同じ監督の「バットマン・ビギニング」の役は軽かったですし。
エレン・ペイジが結構可愛かったです。
二層目の髪型がちょっと国仲涼子みたいでした。
マイケル・ケインが出ているのは知らなかったので嬉しかったです。
ディカプリオは微妙に「シャッター・アイランド」と近い役だったかも。

面白く見たのですが、夢ネタってラストの付け方が難しいと思いました。
ラスト、重要な小道具のコマは止まらなかったんだと思いましたが、止まっても夢でないとは限らない気もしますね。
監督はコマがどうなったかは、まさに観客に判断をまかせているんでしょう。

by きさ (2010-09-04 06:51) 

よーじっく

きさ さん、 こんにちはぁ(^_^)/
コメントとnice!をありがとうございます。

「無重力」もかなり監督の「遊び」を感じますね。
あのあたりから、真面目に遊んでいる映画へと
変身していくところが好きです。

「三層目の雪の戦い」は、懐しさを覚えました。
あのシーンで、かなり監督が自分のほうに作品を
引っ張ってしまっている気がしました。
スタイリッシュなアプローチが雪崩のごとく壊されていく
面白さとズレを感じます。

良い意味でも悪い意味でも、あのシーンがこの映画を
カルト作品へ変身させてしまっている気がします。

ですから、「コマ」の「オチ」が、観客へのサービスというか
付け足しに思えてしまうんですね。
ラストは別にどっちでもいいんじゃないかと、感じてしまいます。

まっ、監督の個人的な映画になってしまっていることで
この作品を好意的に、私は捉えているんです。(^_^)
by よーじっく (2010-09-04 10:34) 

よーじっく

kaoru さん、こんにちはぁ(^_^)/
いつも、ご訪問とnice!をありがとうございます。嬉しいです!!!
by よーじっく (2010-09-04 10:35) 

よーじっく

伽耶 さん、こんにちはぁ(^_^)/
ご訪問とnice!をありがとうございます。いつも感謝ですm(__)m
by よーじっく (2010-09-04 10:36) 

よーじっく

みうさぎ さん、こんにちはぁ(^o^)丿
ご訪問とnice!を、いつもありがとうございます。感謝です。(^_^)
by よーじっく (2010-09-04 10:37) 

よーじっく

ミモザさん、こんにちはぁ(^_^)/
いつも、ご訪問とnice!、感謝です。ありがとうございます。!!!
by よーじっく (2010-09-04 10:38) 

よーじっく

りぼん さん、こんにちはぁ(^_^)/
ご訪問とnice!、感謝です。ありがとうございますm(__)m
by よーじっく (2010-09-04 10:40) 

久遠

よーじっくさん、こんにちは。
「インセプション」の感想、お待ちしておりました。
なるほど、、、そう感じたのか…と、また違った視点、楽しませて頂きました。
ワタシはこれが監督の最新作ではなく、処女作でもっとチープな感じであ
ったなら、極上のB級SFになったかな…と思いました。大衆に指示される
映画になった理由は監督のこれまでの作品と大掛かりな作りでしょうか。
生意気な意見で、申し訳ありません。。。ではでは。
by 久遠 (2010-09-04 12:01) 

よーじっく

久遠 さん、 こんにちはぁ(^_^)/
コメントとnice!をありがとうございます。

同感です。極上のB級小品の題材を、いかにA級エンターテイメントに
仕立て上げられるか、一種の実験というか、冒険作だったように思います。
しかし、「内面の苦悩」は娯楽大作には、ちょっと辛いですね。

繰り返される視覚的な「破壊」が、見せ場とは思いますが
「全てをチャラにしたい」「逃げ出したい」という
監督の「再生」への渇望の表れかもしれませんね。^^;
by よーじっく (2010-09-04 12:48) 

よーじっく

dorobouhige さん、こんにちはぁ(^_^)/
ご訪問とnice!をありがとうございます。感謝です。(^_^)
by よーじっく (2010-09-04 12:50) 

よーじっく

wing_14 さん、 こんにちはぁ(^_^)/
こちらにも、ご訪問とnice!をありがとうございます。嬉しいです。!!!
by よーじっく (2010-09-04 12:51) 

よーじっく

おさむ さん、こんにちはぁ(^_^)/
ご訪問とnice!をありがとうございます。いつも感謝ですm(__)m
by よーじっく (2010-09-04 14:24) 

よーじっく

La_vbl_kok さん、こんにちはぁ(^o^)丿
ご訪問とnice!を感謝です。ありがとうございます。(^_^)
by よーじっく (2010-09-04 15:01) 

よーじっく

めぇ さん、 こんにちはぁ(^_^)/
ご訪問とnice!をありがとうございます。嬉しいです。!!!
by よーじっく (2010-09-04 16:48) 

よーじっく

toraman さん、こんにちはぁ(^_^)/
ご訪問とnice!、感謝です。ありがとうございますm(__)m
by よーじっく (2010-09-04 16:50) 

てくてく

こんにちは^^
私は面白かったです~。
暗い話も嫌いではない^^;
スカッとしないし、小難しいけど・・・そこが好きかも知れないです^^
by てくてく (2010-09-04 18:07) 

よーじっく

てくてく さん、 こんにちはぁ(^_^)/
コメントとnice!をありがとうございます。

暗い話を、超ハデに見せてしまう、それこそがイマドキの
エンターテイメントなのかもしれませんね。
そう考えると、監督さんは一枚上手かな、なんて
思ってしまいますね。(^_^)
by よーじっく (2010-09-04 18:19) 

よーじっく

あんれに さん、こんにちはぁ(^_^)/
いつも、ご訪問とnice!をありがとうございます。嬉しいです!!!
by よーじっく (2010-09-04 18:20) 

よーじっく

もも さん、こんにちはぁ(^_^)/
ご訪問とnice!、感謝です。ありがとうございますm(__)m
by よーじっく (2010-09-04 18:20) 

よーじっく

suzuran さん、こんにちはぁ(^o^)丿
ご訪問とnice!を感謝です。ありがとうございます。(^_^)
by よーじっく (2010-09-04 18:21) 

よーじっく

おぉ!次郎 さん、こんばんはぁ(^_^)/
ご訪問とnice!をありがとうございます。嬉しいです。!!!
by よーじっく (2010-09-04 18:49) 

よーじっく

デルフィニウム さん、こんばんはぁ(^_^)/
ご訪問とnice!をありがとうございます。いつも感謝ですm(__)m
by よーじっく (2010-09-04 18:53) 

よーじっく

cfp さん、こんぱんはぁ(^^)/
ご訪問とnice!を、ありがとうございます。嬉しいです。(^_^)
by よーじっく (2010-09-04 20:05) 

よーじっく

MITURU さん、こんぱんはぁ(^^)/
ご訪問とnice!、嬉しいです。ありがとうございます。!!!
by よーじっく (2010-09-04 20:05) 

よーじっく

Jerry さん、こんぱんはぁ(^^)/
ご訪問とnice!を感謝です。ありがとうございます。m(__)m
by よーじっく (2010-09-04 20:54) 

よーじっく

やま さん、こんぱんはぁ (^o^)丿
ご訪問とnice!を嬉しいです。ありがとうございます。(^_^)
by よーじっく (2010-09-04 21:46) 

よーじっく

シンシン。 さん、こんぱんはぁ(^^)/
ご訪問とnice!、嬉しいです。いつもありがとうございます。!!!
by よーじっく (2010-09-04 21:47) 

よーじっく

upa さん、こんぱんはぁ(^^)/
ご訪問とnice!をありがとうございます。感謝です。m(__)m
by よーじっく (2010-09-04 21:48) 

よーじっく

ribbon さん、こんぱんはぁ(^^)/
ご訪問とnice!を、ありがとうございます。嬉しいです。(^_^)
by よーじっく (2010-09-04 21:49) 

よーじっく

ほりけん さん、こんぱんはぁ(^^)/
ご訪問とnice!をありがとうございます。!!!
by よーじっく (2010-09-04 23:24) 

よーじっく

red-fin さん、こんぱんはぁ(^^)/
ご訪問とnice!を感謝です。ありがとうございます。m(__)m
by よーじっく (2010-09-04 23:25) 

よーじっく

寅次郎 さん、こんぱんはぁ(^^)/
ご訪問とnice!を、ありがとうございます。嬉しいです。(^_^)
by よーじっく (2010-09-05 00:17) 

よーじっく

きょんきょん さん、こんぱんはぁ(^^)/
ご訪問とnice!、嬉しいです。ありがとうございます。!!!
by よーじっく (2010-09-05 00:18) 

よーじっく

末尾ルコ さん、こんぱんはぁ(^^)/
ご訪問とnice!をありがとうございます。感謝です。m(__)m
by よーじっく (2010-09-05 00:19) 

エコピーマン

私はものすごく期待していたのですが 観に行った人から聞いたら
う~ん 難しかったって言ってました だから 一抹の不安がたら~っっと
脳裏を横切ったのですが 妻は難しい作品は無理だし(笑)
どうしようかな~
by エコピーマン (2010-09-06 13:32) 

よーじっく

エコピーマン さん、 こんにちはぁ(^_^)/

監督が何を表現したいのか、なんて事を考えると
確かに難しいと受け取る人もいると思います。
私は、小難しい事を表現したくて創っているとは思えなかったんで
そこらへんは、全く無視して観てました。
そう、娯楽作なんで、実は大した事ないです。

お話は、何層にもなった夢の中での出来事です。
今何層目の夢を描いているかなんて、考えなくても
なんとなく感覚で受け止めればいいんじゃないかと思います。

CGとかを使った、かなり大掛かりなアクション映画として
割り切って観ても、なんら問題はないと思いますよ。
アクションシーンとか、楽しめますよ、ホント!

コメントとnice!をありがとうございます。
by よーじっく (2010-09-06 15:54) 

よーじっく

artfuldodger さん、こんにちはぁ(^_^)/
ご訪問とnice!をありがとうございます。感謝です。(^_^)
by よーじっく (2010-09-14 14:02) 

サムライスピリッツ 画像

もう見ました、面白いですね
by サムライスピリッツ 画像 (2010-12-13 10:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 19

※ 130万アクセスにとどきました。(7/8 頃)
  ご訪問くださる皆様に、こころから感謝いたします。
  皆様に幸あれ!!! です。 ヽ(^o^)丿

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。