So-net無料ブログ作成
検索選択
ご訪問をありがとうございます。

『シスタースマイル ドミニクの歌』 (2010) [映画 (2010 鑑賞作品)]



 遥か昔、ラジオ番組で、「かつてロック全盛初期の頃、「黄金のピル」という曲が世間を騒がせた」という話を聴いた記憶があります。

 その年代だと、ウェスト・コーストのロック・ミュージシャンがドラッグで命を落としたというニュースが頻繁に流れていた頃のはずなので、「黄金のピル」という曲も、アメリカのミュージシャンの曲だとばかり思っていました。楽曲自体は聴いていたのですが、ラジオの70年代回顧ナツメロ番組から得た、ミニ知識みたいなものでした。

 『シスタースマイル ドミニクの歌』には、そのエピソードが出てきます。まさか、ベルギーの尼さんの創った曲だったとは、想像だにしていませんでした。私も、そんなミニ知識をよく覚えていたものだとは思うのですが、確か、世界を震撼させたみたいな、大げさな表現をしていたので、忘れなかったのかもしれません。

『シスタースマイル ドミニクの歌』2.jpg


 そう、この映画の主人公は、「黄金のピル」という避妊薬の歌を、堂々と歌ってしまった尼さんのお話だったんですね。

 もちろん、「ドミニクの歌」という明るく楽しい曲は知っていました。歌詞の内容までは知らなかったのですが、こちらは聖ドミニコという聖者を歌った曲なんですね。

 「黄金のピル(1967)」と「ドミニクの歌(1963)」、この2曲だけで、その作者であるシスター・スマイルが、決して平穏な生涯を終えたとは思えない、そんな落差を感じます。

『シスタースマイル ドミニクの歌』4.jpg
 
 『シスタースマイル ドミニクの歌』は、彼女の生涯を描いた作品です。そして、この2曲が、彼女から生み出された事にも、自然と納得してしまう映画になっています。

 「黄金のピル」という曲の顛末を、後年の遥か日本の音楽好きの私でさえも知っていることに驚きます。世界中を震撼させたという事実に驚きます。映画の中では、教会との対立が描かれていますが、確か放送禁止にした国もあったように覚えています。

 そんなことを中途半端に知っているだけに、『シスタースマイル ドミニクの歌』を1本の映画として、冷静に観ることが私は出来ませんでした。

 彼女はシスターである前に、アーティストだった。世間知らずのわがままで無垢な、才能あるアーティストだった。それを知りえただけでも、私はこの映画を観て良かったと思います。

『シスタースマイル ドミニクの歌』3.jpg


 そういえば、彼女のデビュー曲は、フィリップス社から発売されるのですが、当時のフィリップス社って、電気製品に限らず、映画や音楽まで絡んでいたすごい会社だったんですね。ジョージ・パルの初期のアニメが、フィリップス社の宣伝用の短編として創られていた、なんてことを思い出して感慨深かったです。
記 2010-10-02



チェック:「ドミニク、ニク、ニク……♪」と軽快なメロディーで1960年代に世界中で大ヒットした名曲「ドミニク」を生み出した実在のシスターの知られざる人生に迫る人間ドラマ。社会の価値観が保守的であった時代に、愛と自由を求め夢を追い続けたヒロインの波乱に満ちた人生を描く。監督は、ベルギーの俊英ステイン・コニンクス。シスタースマイルの芸名で親しまれた実在のアーティストを、『モンテーニュ通りのカフェ』の実力派女優セシル・ドゥ・フランスが熱演する。
ストーリー:自由を求めるジャニーヌ・デッケルス(セシル・ドゥ・フランス)は、抑圧的な両親に反発して修道院に入る。厳しい規律になじめず反発しては問題を起こしてばかりいたが、やがて聖ドミニコをたたえる歌「ドミニク」を作る。その美しい歌声が評判を呼び、彼女は「謎の歌うシスター」としてレコードデビューを果たし、一躍大スターとなるが……【シネマトゥデイ】 より






nice!(40)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 40

コメント 8

nano

「管理ページ」の「記事管理」から「スパムフィルタ」を開き
「禁止設定」で半角英数のみのコメントを「受付しない」に
設定してはどうでしょうか?ソネブロ以外を拒否する事でも
随分減るとは思いますが・・・・
by nano (2013-06-25 08:32) 

繭

~( ´∀`)ノ☆ おはよぉ♪
そうです ↑↑↑ nano さんの仰ること試してみると良いかも、です。
私はログインユーザー以外のコメント拒否ってのもしました。。
by (2013-06-25 09:38) 

よーじっく

nano さん、アドバイスありがとうございます。
フィルタは設定してあるのですが
送られてくるコメントは英文の最後に
全角カタカナが入っているので、すり抜けてしまうんですね。

3年前の映画の記事には 、毎回ソネブロ
以外の方からコメントをいただいていたので
拒否設定もしたくないし・・・。痛し痒しです。(^^ゞ
by よーじっく (2013-06-25 10:10) 

johncomeback

♪ ドミニク、ニク、ニク……♪ 憶えています。
映画面白そうですね、観てみようかなあ。
by johncomeback (2013-06-25 10:16) 

よーじっく

繭 さん、こんにちは。
いつもありがとうございます。

最近の野菜栽培の記事はソネブロユーザー
以外拒否でもいいんですが、
それじゃなくて、ご丁寧にも、3年前の
映画の記事 200本の中から、わざわざ
未設定のものを探し出して送りつけてきます。

その労力を他に使ったら?と言いたくなります。
機械的にやっているんでしょうけれど・・・
そこまでして?と呆れます。
何故か最新記事には今のところ、来ないんですよ。(^^ゞ
by よーじっく (2013-06-25 10:57) 

よーじっく

johncomeback さん、いつもありがとうございます。
60年代のお話なので、へぇ~?という興味深さと
時代の閉塞感に絡む混沌としたおおらかさが
入り混じって、新鮮に見ることが出来ると思いますよ。
by よーじっく (2013-06-25 10:57) 

nano

禁止ワードを設定してもいいかな?
(結構、誤反応ありますが・・・・)
by nano (2013-06-26 16:10) 

よーじっく

nano さん、ありがとうございます。
今朝、禁止ワードの見直しをしました。
数多く登録しすぎて、どうやら絵文字の一部分に反応して・・・。
自分で使って気付きました。(^_^;)

今日は10コ程度で(残りは跳ね返されたみたいです)
表に出たのは2つぐらい 
結局 引き下がってくれたので助かりました。
by よーじっく (2013-06-26 16:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
※ 130万アクセスにとどきました。(7/8 頃)
  ご訪問くださる皆様に、こころから感謝いたします。
  皆様に幸あれ!!! です。 ヽ(^o^)丿

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。