So-net無料ブログ作成
検索選択
ご訪問をありがとうございます。

『SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』 (2010) [映画 (2010 鑑賞作品)]

480 SR サイタマノラッパー28.jpg



 前作と打って変わって、今度は映画らしくなってるゾ・・、なんて思ったりもするんですが、私としては、ちょっと寂しかったりしたのも、事実。

 今回は群馬女の子たちが主人公です。一応、女子ラッパーだそうです。

180 SR サイタマノラッパー27.jpg でもなんか、この映画のタイトル『SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』って、カッコ良すぎるよなあ。そのタイトルにおおぉ~、という期待を胸に、鑑賞しましたが、日曜の夜の回。観客は私一人の、貸切状態。

 かなり笑える作りになっているのに、誰の笑い声も聞こえない状況。でも、一人で笑ってました。まっ、楽しまなきゃね。今回も、またまたオチコボレ女子の青春!であります。


180 SR サイタマノラッパー24.jpg しかし、前作以上に彼女たちの状況は、切ないです。追い詰められています。年齢的にも、20代後半となれば、女子としては周りの視線が辛く感じられる年齢になっているわけです。でも、めげずにラッパーを目指します。ひと夏のライブ実現に奔走します。5人の女子ラッパーのグループ、名前は「B-haku」とは、なんとも決まってます。

 映画は、前回の主人公である埼玉のラッパーあんちゃんが、今回の主人公であるアユムちゃんに出会うところから始まるんだけど、野郎二人はアユムちゃんがヒップホップ好きとは気づかない。オイオイそれはないだろ。アユムちゃんのバイクの荷台のステッカー、ちゃんとRun-D.M.C.とか貼ってあるじゃん。アホかコイツら、と思いつつも、映画的には気付かない方が面白いのかなあ、などと思ったりして・・・。

180 SR サイタマノラッパー26.jpg アユムちゃんの実家の仏壇の、母の遺影の後ろには、2パックやノトーリアス・B.I.G.とかの額が隠してあるんだけれど、なんか、それを見て私は反対に、ヒップホップもファッションなのかも、なんて思ってしまった。

 別に、ファッションでも、軽くてもいいんだけれど、それが却って、いじらしく感じられたりして、やっぱ女の子が主人公だと、私も甘いなあ・・・、なんてね。(^^ゞ

 まっ、とにかく、この映画の見どころは、アユムちゃんの母親の3回忌の祓いの席での、ラップ合戦です。とにかく凄い。前作の大衆食堂でのラップ合戦も良かったけれど、今回は、それにも増してかなり凄い。

 とにかく、感動もんです。実は私は、このラップ合戦に涙が出てきました。だって、心底、ソウルがあったんだもの、あれは鳥肌モノの、ソウルです。

180 Image2.jpg ちなみに、これらのラップにはバック・トラック(音)はありません。だからこそ、伝わるものが大きい気もします。このラップ合戦、大満足です。とりあえずワン・カット、長回しでやってます。でも、そんなこと映画が終わってから、気付きます。とにかく、濃くてディープなシーンなんだよな。


 作品としては、ソツなく良く出来ている今作なので、いわゆる一般向けと言う気もします。でも、やっぱり、私は前作の方が、好きだなあ・・・。(*^^)v



チェック『SR サイタマノラッパー』をロングランヒットさせた入江悠監督が再びメガホンを取った、待望の青春音楽映画第2弾。今回は群馬県を舞台に、かつてヒップホップ音楽に青春をささげた女子ラップグループ再編の熱いドラマをつづる。出演者も新星の山田真歩をはじめ、『クヒオ大佐』の安藤サクラなどが集結。若者が夢を追う姿と現実のギャップをストレートに描き、観る側のボルテージも一気に高まっていく。
ストーリー今では群馬の実家を手伝いながら退屈な日々を送るアユム(山田真歩)も、高校時代は女子だけで結成されたラップグループの一員だった。だが、ヒップホップ音楽に夢中だった仲間たちも卒業後は散り散りになってしまう。そんなある日、アユムはかつての仲間ミッツ(安藤サクラ)らと共に、再度一夜限りのライブを行おうと思い立ち……。  【シネマトゥデイ】 より

nice!(42)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 42

コメント 4

♪写楽♪

こんにちわ~!

面白そうな映画のようですが
よーじっくさんお一人ですか~
お酒でも飲みながら
観たかったでしょうね~(笑)

「プリマだじよ~(^^」日記への
nice!&コメントをありがとうございました~

by ♪写楽♪ (2010-10-14 16:29) 

丹下段平

コメディ(?)を独りで観るのは淋しいものがありそうですね。
ちなみに僕は独りでホラーを劇場で観たことがあります。これも嫌なものがありました。
by 丹下段平 (2010-10-15 01:38) 

よーじっく

丹下段平 さん、こんぱんは。
コメントとnice!をありがとうございます。

・・・って、約一年経ってからコメントへの返信をするなんて、すみません。m(__)m

色々とありまして、映画鑑賞から遠ざかっているものですから・・。

今日、約1年ぶりに映画館へ行ってきましたが、夜の回は観客5人でした。
やっぱり、作品選びがマイナーなのかなぁ・・・。
by よーじっく (2011-08-19 22:38) 

よーじっく

tosi-aki さん、こんぱんは。
ご訪問とnice!を、ありがとうございます。嬉しいです。(^_^)
by よーじっく (2011-08-19 22:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
※ 130万アクセスにとどきました。(7/8 頃)
  ご訪問くださる皆様に、こころから感謝いたします。
  皆様に幸あれ!!! です。 ヽ(^o^)丿

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。