So-net無料ブログ作成
ご訪問をありがとうございます。

夏の名残りのスイレン その3 [なんとなく、その日の気分]

 10月もあっという間に10日になってしまいました。

 実は、スイレンの写真で載せていないものが まだ残ってました。

 温帯性スイレンが少し・・・・。(^^ゞ

 殆どが、毎年開花の時期が8月くらいまでずれ込んでしまう品種ばかりです。

 8月は熱帯性スイレンが華やかに開花してくれるので、つい温帯種は、忘れがちになってしまいます。

500 ファイアー・クレスト Dsc02844.jpg


 ファイアー・クレストは、どちらかというと花のサイズが小さめの品種です。

 入手する前に写真で見ていて、想像していたサイズより小さかったので驚きました。8センチ程度の大きさです。

500 ペリーズベイビーレッド Dsc09857.jpg


 ベビーズ・ベイビーレッドも、やはり小ぶりな品種です。花上がりが良いとのことで期待していたのですが、一気に3輪ほど咲いたのですが、あとが続きませんでした。


500 サルフェリア Dsc01460.jpg


 サルフェリアは黄色系のスイレンとしては、以前からホーム・センターでもよく見かける一般的な品種です。

 花上がりも良いのですが、今年の夏は天候不順の影響で、余り咲いてくれませんでした。
 
500 スノー・プリンセス Dsc01033.jpg


 温帯種の姫スイレン、スノー・プリンセスです。白雪姫とも呼ばれています。

 日本人が創りだした 新しい品種で、数年前までパテントのせいか、ちょっと高めの品種でした。

 今年はホーム・センターにも並ぶようになり、値段も他の品種と変らなくなりました。

500 リトル・スー Dsc00962.jpg


 姫スイレンのリトル・スーです。この品種は動き出しは遅いのですが、咲き始めるとたくさんの花を続けて咲かせます。

 今年 株分けしたものも、良く咲いてくれました。

500 ヘルボラ8番花 Dsc03136.jpg


 ヘルボラも姫スイレンの一種です。花の大きさはかなり小さく3~4センチぐらいのサイズが殆どです。

 動き出しの遅い品種ではないらしいのですが、私のところでは7月中旬くらいから咲き始めます。毎年、姫スイレンとしては一番最後に咲く品種です。

500 ジョーイ・トモシック2番花 Dsc02112.jpg


 ジョーイ・トモシックは、黄色系のスイレンとしては、やはりポピュラーな品種です。

 花上がりも良いので嬉しいのですが、他の黄色系と同じタイミングで咲いてくれるので、せっかく開花しても目立たないのが残念です。

 

 温帯性スイレンも、夏の気候が不安定だったせいで、例年ほどには花を見ることは出来ませんでした。

 今月になって、マンカラウボンが咲いてくれましたが、これが今年最後の開花だと思います。

 結局 今年咲かなかった品種もあるので、来年こそ 咲いて欲しいと思っています。

静活系映画館と静岡東映の思い出 [靜岡の映画館]

 平成23年10月2日に、静岡市の七間町 (含・人宿町) にある静活系の映画館街の全てが閉館しました。

これからも、シネコンへと場所を移して映画の上映は続けられますが、やはり昔ながらの映画館が閉じてしまうのは、とても寂しいものです。一つ一つの映画館に、思い出があります。

 それぞれについて思い出を書きたいと思って始めたのが、実はこのブログでした。結局 殆ど何も出来ないまま、閉館の日が来てしまいました。

 せめて、簡単にでも いいからと思い、それぞれの映画館と思い出の作品を、とりあえず列記することにしました。


 まずは、


 旧オリオン座(現在はパーキング)  『猿の惑星』

 静岡松竹(現・静岡オリオン座)    『愛奴』(羽仁進 監督作品)

 静岡オリオン座             『未知との遭遇』

 静岡有楽座               『バンビ』(ディズニー) 

 静岡大映(現・静岡ピカデリー1)   『妖怪百物語』

 静岡松竹(現・静岡ピカデリー1)   『男はつらいよ』シリーズ

 静岡名画座(現・静岡ピカデリー2) 『スティング』 (試写会)

 静岡小劇場              『日本のいちばん長い日』(岡本喜八 監督作品)
 
 静岡ピカデリー1            『ちゃんと伝える』(園子温 監督作品)

 静岡ピカデリー2            『秋深き』(池田敏春 監督作品)

 静岡ミラノ(現・静岡ミラノ1)     『華麗なるギャツビー』

 静岡日活(現・静岡ミラノ3)      『愛するあした』(斎藤耕一 監督作品)

 静岡並木座(現・静岡ミラノ3)    『女生徒』(根岸吉太郎 監督作品)
 
 静岡ミラノ2               『風が強く吹いている』 (大森寿美男 監督作品)

 静岡ミラノ3               『武士道シックスティーン』 (古厩智之 監督作品)

 静岡カブキ               『燃える昆虫軍団』 

 さらに

 静岡東映(現・静岡ピカデリーZERO) 『太陽の王子 ホルスの大冒険』 (高畑勲 演出作品)

 静岡東映パラス            『風の谷のナウシカ』 (宮崎駿 監督作品)

 静岡ピカデリーZERO         『U2 3D』

 
  なかには、実際 その映画館では 観ていない作品もあります。

 ただ、映画館の看板が強烈に印象に残っている作品です。映画館の看板も、映画の大切な一部分であった時代が、確かにあったんですね。
nice!(46)  コメント(53)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
※ 130万アクセスにとどきました。(7/8 頃)
  ご訪問くださる皆様に、こころから感謝いたします。
  皆様に幸あれ!!! です。 ヽ(^o^)丿

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。