So-net無料ブログ作成
ご訪問をありがとうございます。

『レッドクリフ Part II ~未来への最終決戦』 (2009) [映画 (2009 鑑賞作品)]

 前作での知識があるゆえに、今作のお話には新鮮さを感じられないのが残念です。

 あくまで、お話とか役者さんとかのレベルでのことですが、1つの話を2分割してしまっているんで根本的に仕方ない事かもしれません。前作では、とても魅力的に見えた登場人物たちが、ごく普通に思えてしまうんですね。

Flixster - Share Movies


 それでも、今作からの登場人物もいないわけではないんだけれど、蹴鞠使いの若者程度じゃ、ちょっとコーヒーブレイク程度にしかならなくて、映画全体の隠し味としてピリッと引き締めるわけにはいかなかったようです。

 このエピソードは、映画のオリジナルだとは思うけれど、前作からの登場人物のエピソードを、第2作までいくつか残しておいた方が良かった気がします。個人的には、この第2作目のストーリーはただ退屈でした。

 で、見せ場はやはり、戦闘シーンですね。これは、ハッキリ言ってスゴイです。前作の戦闘シーンも見応えあって迫力あって、十二分に楽しめるものでしたが、今回は、その比ではないぐらいに、さらにスゴイです。

 前作の面白さは、物量作戦のたまものだと思ったんですが、そんなもんじゃないです。第2部は、更に上を行く、これでもか、これでもかの、怒涛の戦闘シーンです。

Flixster - Share Movies


 観てみない事にはわからないと思いますが、こんな大迫力の、こんなスケールの大きい、物量に糸目を付けない戦闘シーンは見たことない・・・、です。危険度の問題からCG処理しなきゃ無理なシーンもあるだろうけれど、殆どは実際にやっているわけで、ただただスゴイです。

 こういうシーンに美しいという言葉を使うのは、不適切かもしれないけれど、確かに「美」を感じてしまいます。


Flixster - Share Movies


 ただ、心に何かを残せるような作品かというと、残念ながらNoです。前作の方が、まだ、多様な意味で面白みがあったような気がします。第2部は、ただただ物量に圧倒されて、終わってしまいました。

 前作の感想でも書いたけれど、今作はさらに、往年の大スペクタクル戦争巨編の面白さだけしかないような気がします。ただ、「凄かった」の一言で済んでしまうような・・・。

 まっ、お話が全くないわけではないんです。最初に書いた蹴鞠使いの兵士とのふれあいとか、スパイ活動とか、あるんだけれど。

 そんな非常時にそんな軽率な行動はあり得ない・・、というレベルの描写なんで、ただあきれるだけなんです。で、最後の決戦へと、お話を引っ張っていくエピソードとしては、最悪な描写に終始しているので、興を削くだけの、なくてもいいんじゃない・・・、なんて思ってしまうんですね。

 映画を観て、「スカッ」としたい人にはオススメですが、やはり第1作目のほうが、色々な面で見応えはあるし、バランスは取れていると思います。






Chi Bi: Xia - Jue zhan tian xia (Red Cliff II)
レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]
トニー・レオン, 金城 武, チャン・フォンイー, チャン・チェン, ジョン・ウー

エイベックス・マーケティング 2009-03-11
売り上げランキング : 87
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

※ 130万アクセスにとどきました。(7/8 頃)
  ご訪問くださる皆様に、こころから感謝いたします。
  皆様に幸あれ!!! です。 ヽ(^o^)丿

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。