So-net無料ブログ作成
ご訪問をありがとうございます。

『GOEMON』 (2009) [映画 (2009 鑑賞作品)]

 こんな映画だったんだぁ。予告編を見て、知っていたけれど、ここまで徹底しているとは思わなかった。

 ちょっと、脱帽ですね。大したものです。何の迷いもなく(?)、真剣に本気で、映画ならではの、ウソをつき通してくれるなんて、嬉しいです。

茶々.jpg

 「お話」は観てのお楽しみとして、この作品に、「何故」「どうして」などの疑問符は、控えるべきかもしれません。作品そのものを、素直に受け止めて楽しまなければ、意味はありません。

 まっ、「お話」は、びっくりというほどじゃなくて、着眼点は面白いけど、「う~む、なるほど」と言った、どんでん返し的な説得力は感じられません。出来るなら発想の転換とやらを駆使して、最後は力技でねじ伏せて欲しかったです。ただアイデアだけで、最後まで押し通されちゃった感はあります。

goemon6.jpg

 VFX、衣装、セット、美術、もろもろが楽しめます。ただ、どこまで行っても画面が暗いんだよねえ~。そこは、スッキリ、クッキリ、盛大にスカッと見せてよ、と言いたくなります。紀里谷和明監督の前作『キャシャーン』もそうだったけれど、どこか焦点がハッキリしない映像です。どハデな極彩色の画面なのに、色数が少なく感じます。

 コンピューターで処理された奥行きのない、平坦な印象さえ受けます。昔のパソコン画面の64000色表示みたいな感じです。前作だとセピア調、今作はモノクロ風味みたいに、フィルターをかけられている感じがします。

 意図的なんだろうけれど、その意図が生きているようにも思えません。

戸田.jpg

 そう、こういう思い切った(バカ)話は、映像的にも一発、ドーンとスッキリ見せて欲しいなあ。どこか緊張感がないんだよね。スリリングじゃないんだよね。

 で、作品としては、見せ場タップリ、アクションもたっぷり、VFXもたっぷり、スピーディーで、あれよあれよと「お話」は展開していきます。

 でも、後半は、慣れちゃうというか、飽きちゃうと言うか、ラストのクライマックスまでに、「もういいよ~」みたいに、私はなっちゃってました。

 起承転結のつけかたが、イマイチなのかなあ、メリハリが足りないのかなあ。

goemon2.jpg

 そうそう、石川五右衛門とか羽柴秀吉とか、歴史上の人物が、多彩な俳優陣のもと、これでもかと登場します。さすがベテランの存在感と演技で、キャスト面では面白かったです。

 ということは、時代劇なんですが、時代劇とは呼べないような気もします。

 冒頭のシーンなんか、日本の過去なのに、ちょっとSFぽくて、ワクワクします。雰囲気としては日本の『ブレードランナー』って感じかな。けっこう、この雰囲気づくりは、楽しめました。

 (後半、クライマックスで、私が睡魔に襲われたのは、ナイショです・・・)

【転載 2009-05-30 08:50:00 】 象のロケット(映画DVD総合ナビゲーター)






GOEMON (江口洋介 主演) [DVD]
GOEMON (江口洋介 主演) [DVD]

売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star健のために!
starみとれる映像世界
star良かった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

※ 130万アクセスにとどきました。(7/8 頃)
  ご訪問くださる皆様に、こころから感謝いたします。
  皆様に幸あれ!!! です。 ヽ(^o^)丿

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。