So-net無料ブログ作成
ご訪問をありがとうございます。

『サマーウォーズ』 (2009) [映画 (2009 鑑賞作品)]

SW-Wallpaper1-S.jpg

 面白かったです。全く予備知識がなかったので、冒頭から意外な展開で楽しく観ることが出来ました。

 何故か、前作『時をかける少女』も誘われるままに、期待もせず劇場に足を運び、細田守監督の作り出す不思議な世界に、酔わされてしまいました。ここちいい浮遊感に呑み込まれたような感覚が、かなりあとをひいた記憶があります。

 しかし、まだまだ半信半疑だったんです。でも、この作品はしっかりと、細田守監督の世界にまたまた引き込んでくれました。CGではなく、アニメでなければ表現出来ない描写も多く、かなり意欲的な作品になっていると思います。

 そして、いろいろな意味で、意欲的ではあるのだけれど、いろいろな意味で詰め込みすぎている感もあります。

 やりたいことは出来る限り、やってみたっていうところが、好意的に解釈できるかどうかで、評価も変わってくるような気がしますが、頑張ってくれたんじゃないかな、と私は思います。

 日本の情緒とコンピューター(ネット・ヴァーチャル)の世界を、強引なくらいに共存させようとしている作品でもあるんで、なかなか面白いです。

 作品の殆どを占める舞台は、朝顔の鉢が印象的に並べられた、いかにも懐かしい日本家屋なんですが、異様なほどの簾の数とか、間口の間隔に、或いは瓦屋根とアンテナのバランスとか、どこかやりすぎな感覚も受けたりしますが、やはり、その強引さも頼もしく受け止められる気がします。



 ヴァーチャルな世界が、リアルな世界と、密接に関係性を保っている状況から生まれる、「大事件」を描いています。

 ネットを背景にした日本の殆どの作品は、地球的規模の危機にもかかわらず、結局、主人公と、その周り人たちだけの、狭い世界で問題を解決してしまう・・・、というパターンが多いんですが、この作品も、最終的には、そんな感じでした。

 声にならない声、形にならない応援が、何故かヴァーチャルを飛び出して、リアルな世界に影響を及ぼしてしまう、というオチというか、大感動!は、『電車男』を思い出させます。

 でも、まっ、いいかな、結構、面白く観れたし、アニメも楽しかったし。

 アニメはどうしても、映像自体に深みのないものが多いのですが、この作品は頑張っていると思います。楽しくて面白くて、どんな風に作れば見ごたえがあるか、なかなか良く考えられていた作品だし、夏のイメージを前面に押し出しているのも、ポイントが高いと思います。(^_^)


 う~ん、カルトって、言い方はすでに違うような時代に、なりつつあるようには思うけれど、そんな楽しみ方が出来る作品として、充分評価できる映画だと思います。

 ちなみに、不自然だなあと思う部分が、メチャあります。それを、考えちゃうと楽しめませんので、そういう部分はなかったことに・・・・(^^ゞ



*この感想は「よーじっくのここちいい場所」に書いたものに、ちょっと加筆して掲載しています。
タグ:細田守
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 4

※ 130万アクセスにとどきました。(7/8 頃)
  ご訪問くださる皆様に、こころから感謝いたします。
  皆様に幸あれ!!! です。 ヽ(^o^)丿

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。